CIR: 유 새별

⇦ 戻る

ユ(兪) セビョル
ローマ字表記: Saebyeol Yu

韓国 ソウル特別市

 

皆さん、初めまして!韓国の国際交流員の兪セビョルです。 私は生まれも育ちもソウルで、地方で生活するのは富山が初めてです。 今年で富山に来て2年目ですが、富山のゆっくりした感覚に慣れて、最近は都会に行くと辛い時があります。 富山の中では立山と雨晴海岸が好きです。趣味は写真撮影ですが、富山市内に立山が見える日はいつも写真を撮りに行きます。

富山県は主に韓国の江原道との文化・スポーツ分野で交流をしています。 週4回は県庁の国際課で仕事をしていて、週1回はTIC(とやま国際センター)で勤務しています。 国際課内では通訳・翻訳のお仕事、とやまの韓国ブログ(https://blog.naver.com/toyamazing)の運営(取材・投稿)、毎月富山と縁がある方に情報紙「とやま便り」の配信、県職員向け語学講座(前期10回、後期10回)、JET世界まつりの企画(毎年2月実施)などをしています。 また、TICでは、県民向けの語学講座(韓国語中級担当、年35回)、外国人向け生活相談、TICの情報誌やメールマガジンの翻訳、TICの韓国語ホームページ更新やカレンダーの管理、出前講座で学校訪問、TICの国際イベントの参加などをしています。

【通訳のお仕事】
昨年度は江原道議員の知事・議長表敬、新潟総領事の知事・議長表敬(副総領事通訳)、NEAR事務局の局長表敬をはじめ、多様な通訳業務に携わりました。 観光取材通訳として、エアソウルの機内雑誌取材やエアソウルのユーチューブチャンネルの取材、韓国のケーブル放送のチャンネルJの取材に同行しました。 また、江原道三陟市訪問団黒部マラソン通訳、滑川高校と仁川海洋科学高校の交流通訳、環日本海インターハイ親善交流通訳、江原道の教育庁関係者の富山の「14歳の挑戦」視察通訳や「北陸工芸サミット」で受賞した韓国の方の通訳もしました。
今年2月には平昌冬季オリンピック代表団・文化公演団、3月には平昌冬季パラリンピック文化公演団の派遣の際に通訳として同行しました。 オリンピックの時には南砺平高校の郷土芸能部の生徒たちがこきりこ節やむぎや節を披露して観客を魅了させました。 また、パラリンピック文化公演団の派遣ではラブバンドさんの演奏に韓国の観客が大変感動しました。

【翻訳のお仕事】
交流員として一番多い業務は翻訳です。 交流の挨拶やメールの翻訳を始め、観光パンフレット翻訳、案内文翻訳、TICの情報誌やメールマガジンなどを翻訳しています。

【韓国語講座】
韓国語講座は年に計55回ありますが、TICの場合は中級、県職員向け語学講座は初級会話を担当しています。

【JET世界まつり】
JET世界まつりは富山のJET参加者が中心となり、企画・準備する交流イベントです。今年はポスター作り担当と民族衣装担当でした。 様々なコーナーがあり、富山で外国についてわかるきっかけとなる良いイベントだと思うので、たくさんの方にお越しいただければと思います。

【富山の情報発信】
昨年度に自ら企画書を出して、富山の魅力をもっと多くの方に知らせてエアソウルの通年運航につながるように「韓国とやまブログ」(https://blog.naver.com/toyamazing)を運営しています。 韓国の方からは富山及び北陸に関する旅行情報があまりなかったため、役にたっているという評価を受けています。現在700人以上の方がフォローしています。 また、富山ブログと別に富山と所縁がある方に毎月「とやま便り」を発信しています。

【韓国の情報発信】
県庁国際課内で月1回のペースで韓国の情報について回覧をしています。 交流先である韓国江原道のニュースや韓国人観光客などの情報が中心となっています。

【韓国でのお仕事】
韓国ではパワポの先生の仕事をしていて、ネイバーというネットサイトのポスト(ブログサービス)にてフォロワーがおよそ10万人います(http://bit.ly/saebyeol)。 2015年には「セビョルのパワーポイント」を出版しました。 テレビショッピング会社の仲介会社(主に化粧品担当)で働いた経験もあります。

⇦ 戻る