CIR: Eric Jutila

⇦ 戻る

エリック ジュティラ

米国 ミシガン州

こんにちは!

私は富山県南砺市の新しい国際交流員のエリック・ジュティラです。 22歳で185センチの男性です。 大学のころ、ミシガン州立大学で比較文化政治と日本語を専攻しました。 外交官になることを目指しています。

挨拶と自己紹介として、私がどんな道を歩んで来たかの話をしたいと思います。

最初に日本のことに興味を持ったきっかけは、子供のころからポケモンやドラゴンボールといった日本のアニメを見たり、11歳の時「鋼の錬金術師」の漫画を読み始めたことで、日本のことに少し興味を持ち始めました。 でも、本当に日本に興味を持ったのは学校で日本の習慣やアメリカとの不思議で興味深い文化の違いを習った時です。 その好奇心をきっかけとして日本のことを自分で学びたいと思うようになりました。

大学に入った時、比較文化政治を勉強するために外国語を勉強する必要があったので何となく日本語を勉強し始めました。 でも、ミシガン州立大学の優秀な先生に楽しく教わったおかげで、日本語の勉強が好きになりました。 それから、日本に留学することにしました。 そこで私の外国語の勉強が終わるはずでしたが、滋賀県の彦根市に留学している間、日本は段々私にとって特別な場所になって第二の母国と考えるようになりました。 そう考え始めた私にとって日本語の勉強をもっとしたくなって、その時から今でも自習を続けています。

このように、私は異文化にとても興味があり、また、色々な人に異文化に触れることの面白さを伝えたいと思って、国際交流員の仕事に就くことにしました。 交流活動を通して世界の人がさらにつながると思います。

大学を卒業したばかりで日本に引っ越したため、非常に大変ですが、この経験を利用して国際交流を高めていきたいと思います!

よろしくお願いいたします。

 

⇦ 戻る